ニキビに悩む女性

10代の若い世代の人だけでなく、20代・30代の大人世代そして男性・女性と性別を問わず、悩む人が多いニキビです。できる原因は1つではなく、様々な要因が原因となると言われています。10代の思春期でニキビを引き起こす大きな原因となるのは、成長過程で性ホルモンの分泌が増加するケースが多く、男性・女性共に皮脂分泌を増加させる作用を持つ、男性ホルモンの分泌量が増えることでできやすくなります。毛穴の中にはアクネ菌というニキビを招く要因となる菌が住み着いているのですが、このアクネ菌は皮脂をエサとして増殖するという特徴があるため、性ホルモンの分泌が盛んとなる思春期には、皮脂量が増えた結果アクネ菌も増殖しトラブルが起こりやすくなるようです。

20代・30代といった大人世代でニキビができやすいという場合は、食生活の乱れや栄養バランスの悪い食事が続いている、睡眠不足などが引き金となりホルモンバランスが乱れてしまうことが原因として挙げられます。特に大人女性の場合は、このような要因で女性ホルモンバランスが崩れたことで、皮脂の量を増やす男性ホルモンが優位になりニキビができやすい肌質となってしまうことが挙げられます。ですから改善するには生活習慣を見直したり女性ホルモンバランスを整える治療が必要です。もちろん、10代の若い世代もビタミン類やミネラル類が不足しているような、栄養バランスの悪い食事、甘いお菓子や脂っこい食事が多い、睡眠不足といった生活や食生活の乱れが原因で肌の状態が悪化しできやすくなります。

また、間違ったスキンケアもニキビができる原因になると言われています。例えば、洗顔が不十分で毛穴の中に皮脂や汚れが溜まっている状態は肌トラブルを引き起こしてしまう原因になりますが、洗顔のし過ぎによってもニキビが増えることがあるのです。ですから正しい洗顔法を身に着けることが大切です。なんとなく洗顔が不十分だと肌トラブルを起こしやすいということはイメージできますが、洗顔のし過ぎによってニキビができやすくなると聞いても、あまりピンとこない人もいるかもしれません。ですが毛穴の中の汚れをきれいに落とそうとして、ゴシゴシと力を入れて洗ってしまうと肌に負担がかかり、ニキビだけでなく色素沈着などのトラブルも起こりやすくなるので、力を入れず優しく洗うのが肌トラブルの予防につながります。また肌を清潔に保とうと過度に洗顔の回数を多くしてしまうと、乾燥がすすみ肌トラブルにつながるので注意が必要といえます。